スポンサードリンク

アルカリイオン水と緑茶

アルカリイオン水で、緑茶を淹れるとカテキンの抽出量が多く、水道水より色やアミノ酸が抽出が多いことが知られています。



カテキン類とは、茶葉に含まれているフラボン骨格を有する水溶性の多価ポリフェノールのことです。緑茶や紅茶の渋み成分としても知られています。



カテキンはポリフェノールであることからフェノール性ヒドロキシ基の電離がアルカリイオン水により促進されより多く水中に溶け出すことで抽出量が多くなると考えられています。



カテキンには、抗酸化作用、抗菌作用、腸内細胞の改善、抗う蝕作用、消臭作用、活性酸素消去作用、コレステロール上昇抑制作用、血糖値上昇抑制作用、血圧上昇抑制作用、抗腫瘍作用、抗アレルギー作用、血小板凝集抑制作用、紫外線吸収作用などの生理作用があるといわれています。



したがって、インフルエンザ対策など、よりカテキンの効果を得たいときにはアルカリイオン水を用いて緑茶を淹れるのはおススメといえます。

アルカリイオン水 最新一覧 By 楽天


アルカリイオン水 生成器 最新一覧 By 楽天

スポンサードリンク

アルカリイオン水 最新一覧 By 楽天


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。